秋になりました

心・体・肌の健康カウンセラーとして2年目に突入しました。

昨年の春以降、お客様とも2年目の秋を迎えることができることを嬉しく思います。

秋という季節に、どんな印象をいだきますか?

食欲の秋?

スポーツの秋?

オシャレの秋?

読書の秋?

芸術の秋?

どれも心に豊かさをもたらしてくれます。

秋は、稲の実りの季節でもあります。

様々な国で収穫にまつわる名前が付けられているそうです。

稲を刈り上げた後の田の「空き」、

あらゆるけがれを呑み尽くす神話の女神の「飽き」、

そして稲も草木も「赤らむ」のアキ。

日を追うごとに気温が下がり、朝晩の風に涼やかさを感じる。

日の入り時刻も早まり、夜長が楽しい。

深くなっていく木々の紅葉や虫の声。

秋は、たくさんの風景や感情が重なり合って美しい季節。

こんな風に少しずつ秋へと季節が巡っていく中、私たちの身体も自然と次の季節と調和して変わっていきます。

夏にたくさん浴びた紫外線(今年の新潟は雨が少なかったので尚更)や猛暑の影響を感じるのではないでしょうか。

・シミ、色素沈着

・ごわつき、乾燥、ざらつき

・たくさんの活性酸素による体のサビ、老化

・頭皮では9月後半~10月にかけて、自然脱毛の増加

ここから気温が下がって(全国的には湿度も下がりますが、新潟は年間を通して60~80%)、紫外線の量も徐々に少なくなってきて、一段と秋が深まり徐々に冬へと移行してゆきます。

まずは身体も肌も夏をリセットして十分に秋を楽しんだら、冬への準備をしていきましょう。

備えがあっても憂いもあるものです。

それなら尚更の備えをしておきたいものです。