アトピー性皮膚炎


肌の不調

【アトピー性皮膚炎とは】

『アトピー素因』を持って生まれた遺伝的体質に、アレルギー反応が重なって起こる皮膚の炎症のこと。顔や肘、膝の内側などに強いカユミのある湿疹が起き、悪くなったり良くなったりを繰り返す疾患。ただし、遺伝するのは症状そのものではなく『アトピー素因』で、成長に伴って発生の部位を変える症状が現れることもある。子供のころは現れたことがないのに、大人になって突然、発症する人もいる。

※アトピー素因とは、、、

  1. 家族や血を引いた親戚に気管支喘息、アレルギー鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のいずれか、あるいは複数の疾患を持つ人がいること。
  2. IgE抗体を産生しやすい体質をもっている場合。

 

アトピー性皮膚炎はアレルギー反応の一種と言えるが、カブレなどの接触性皮膚炎とは違い、原因物質となる抗原が複雑で特定するのが難しい。蕁麻疹などの炎症は治るとあとかたもなく消えてしまうが、アトピー性皮膚炎は消えずに長く続く。また、アトピー性皮膚炎は即時型アレルギー反応(Ⅰ型)と、遅延型アレルギー反応(Ⅳ型)の両方の特性を合わせ持ち、複合的な反応を引き起こす。

【アトピー性皮膚炎の特徴的な身体症状】

アトピー体質の人の皮膚に現れる特徴的な症状としては、皮脂や水分が少なく、肌が乾燥状態になってカサカサしている。腕から背中にかけては鳥肌がたったようになり、足の皮膚も乾燥してザラザラしたサメ肌状態になる。頬や腹部も乾燥肌となり、フケのようなものがポロポロ落ちることもある。

体の左右対称に炎症が起こるのも特徴で、起きやすい部位としては額、目の周囲、口の周り、唇、耳たぶの周り、首、肘や膝の関節、体幹など。また、よく汗をかく場所、首、背中、肘や膝の裏側にかけて色素沈着が起こり、だんだん厚くゴワゴワになってくる。

その他、顔に「はたけ」ができる、首にしわがよる、頭がフケっぽくなる、眉の外側が薄くなるなどの特徴がある。

また、症状は年齢によって特徴があり、子供場合は湿疹で耳の付け根が切れたり、首の周りやひじや膝の裏側が荒れてカサカサになる。成人すると顔や首に症状が強く表れるようになる。皮膚が肥厚し、ゴワゴワしたり色素沈着を起こすこともある。

 

【症状を悪化させる要因】

アトピー性皮膚炎は、アトピーを起こしやすい遺伝的素因と皮膚のバリア機能が「原因」となり、そこに症状を悪くする様々な「要因」がからんで進行する。

要因の筆頭にあげられるのがダニの死骸や糞、ハウスダスト(ほこり)、花粉、カビなどによる抗原(アレルゲン)。これらに接すると、体の中にIgE抗体が急激に増えてくる。

ストレスも大きな要因になる。過労、睡眠不足、人間関係の悩み、母子間の愛情など、心身にストレスが加わると症状が悪化しやすくなる。

また、環境条件も影響する。車の排気ガス、日光、ペットのふけ・毛髪なども症状の悪化を招く。

また、消化器官が未熟な3歳未満の子どもは、食べたものが消化しきれず、高分子のまま吸収してしまう。その中には大豆、牛乳、卵、米、小麦などのアレルゲンも入っていて、アレルギーを引き起こす。

このように要因が多岐にわたっていて複雑であるため、要因の特定がむずかしく治りにくい結果を生んでいると考えられる。

 

【治療とセルフケア】

ひどいかゆみや炎症があるときには、早く抑えることが必要。炎症の部位からアレルゲンや刺激物が侵入しやすく、細菌感染を起こすこともある。かゆみがひどくなり、ひっかくことで悪化してしまう。

医師の治療にはステロイド外用薬が主。症状により非ステロイド剤、ヒスタミン剤、抗アレルギー剤あるいは漢方薬などを使うこともある。

ただし、体質が関係しているので完全に治るというものではなく、炎症を抑える治療となる。いくつも種類があるので、炎症の部位や症状により使用する種類も違う。うまく使うことで炎症を抑えるが、間違った使い方をすると副作用を起こしてしまうので注意が必要。疑問や不安は主治医に相談して、コミュニケーションを図ることが必要。それと同時に日常生活の中でのセルフケアも大切

 1.スキンケア

肌の乾燥防止。皮膚が乾燥しやすく、再発のキッカケになるため乾燥を防ぐスキンケアを行うことが大切。また、皮膚表面に残った汗や汚れ(時間のたったお薬も)刺激になるため、肌を清潔に保つことも大切。洗いすぎて皮脂を落としすぎたり、こすりすぎないように注意が必要。入浴はぬるま湯で、38~40℃くらいのぬるま湯が良い。41℃以上では痒みがでやすくなる。

 2.食事環境ケア

3歳未満の子どもにとっては、卵・牛乳・大豆が3大アレルゲン。米と麦も加えて5大アレルゲンと言われている。しかし、成長とともに消化器官も発達し、4歳頃から食べ物でアレルギーを起こさなくなる。個人差もあり、アレルゲンとなる食品も違うため。

 3.生活環境ケア

ダニ、ハウスダスト(ほこり)、カビは住居の中にある抗原であるため、こまめな掃除をして取り除くようにする。換気や通気性を良くして、カビやダニを防ぐことも大切。衣服の摩擦も悪化を誘発させるため、静電気が起こりにくく、汗を吸収しやすい、やわらかい綿や絹素材を選ぶ。