あなたは半年前に食べたものでできている

今日は食のお話を、少し。

みなさん、年末年始はどんな風に過ごしましたか?

2018年12月はクリスマスからの年納め。

年越しからのお正月。

忘年会や新年会で何かと外食が多くなりがちな季節です。

そして暴飲暴食の結果、体や肌が不調な方が増えるのもこの季節。

「食べる」って幸せですよね。

私は食べることが大好きです。

たまに食べ過ぎます。笑

先日、友人でもありARSOAユーザーでもあり紅茶とシフォンケーキのお店の準備に奮闘中の彼女との会話の中でお店のコンセプトについて話している時にこんなやりとりがありました。

紅茶の彼女「体にやさしいというか何というか、、、でも、それだけじゃないし、、、

MiSAKi「本当に美味しいものって、体も心も喜ぶよね。ジャンキーなものとか、夜中のカップラーメンとかって美味しいけど、どこかでヤバイの食べてんなーって思うし」

紅茶の彼女「そうそうそう!!!脳みそ騙されてるーって感じ。前にMiSAKi言ってたけど、完璧な食生活ができなくても知って口にすることって大事だよね。」

と。

あーーーー。伝わってた。

嬉しすぎる。

そう!!!伝えたいのは、ダメなんじゃない。

「何を選んで口にするか」だ。

だってそれはあなたの心・体・肌を作るんだから。

食べることは生きることなんだ。

肌は体のSOSを目に見える形にしてくれているんだから。

だから、知っていてほしいのだ。

あなたは半年前に食べたもので出来ている。

↑わかりやすくまとめてある外部リンク

今日も、きちんと私らしく大切な人たちに伝えていこう。

いつもと変わらないようで変わり続けている瞬間が、今ここにあることに感謝します。

出逢い繋がってゆく方へココロとカラダが喜ぶ瞬間を届けられますように、、、

MiSAKi☻