花粉、大丈夫ですか??

    大丈夫だったけど、今年からデヴュー。

    毎年だけど、今年はひどい、、、

    目が痒いし鼻水でるけど認めていない!

    なんか春になると肌が痒くなるー。。

なんて方、いらっしゃるんじゃないでしょうか??

お客様でも、なかなかの数です。

今年は本当にすごいようです。

1月末のニュースでも、、、

猛暑で早く梅雨が明けるとスギの育成が進むそうです。

2018年の梅雨明けは本当に早かったですね、、、。

新潟なんて梅雨入りの発表あった?いつ明けたっけ?ってレベルでしたもん。笑

6月以降30℃超えの多いこと。

そして、覚えていますか?

6月から8月のお盆周辺まで、ほぼ雨の日がなかったこと。

そんな「花粉の多い2019春」ですが、

肌や体へはどんな風に影響があるんでしょうか?

①風が強く、花粉や黄砂・PM2.5など、空気が汚れやすい

→肌に付着して肌が不潔になりやすい

②三寒四温を繰り返しながら気温が徐々に上昇し、皮脂の分泌量が増える

→時間が経ち、そのままにしておくと酸化した皮脂が肌トラブルを起こしやすい

③空気の乾燥や紫外線量・強さが増強する

→新陳代謝が乱れやすく、ごわつき(乾燥)・くすみ・シミを感じやすい

春は季節の影響で、こんな感じのことが起こりりやすい季節です。

そして、冬に溜め込んだ色々なものが芽吹く季節。

肌は内臓の鏡。

春の気温上昇とともに春のエネルギーを受けて様々な草木が芽を出し花を咲かせる季節。

想像してください。自然界に存在している草木や動物たち。

冬の寒い時期、季節が後押ししてエネルギーの巡りはゆっくりに。

体の新陳代謝もゆっくりに。

春までの厳しい環境を耐え抜くために冬は省エネモード。

人間の体(肌)も、私たちの意思とは別にそのリズムに沿っています。

よく、冬は太りやすいなんて言いますよね?

、、、春の体のお話やケアのお話はまた今度。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

いつもと変わらないようで変わり続けている瞬間が、今ここにあることに感謝します。

出逢い繋がってゆく方へココロとカラダが喜ぶ瞬間を届けられますように、、、

MiSAKi☻